第75回道連臨時大会を開催

統一地方選挙の完勝を目指す

150228_1 (1)自民党道連は2月28日、第75回道連臨時大会を札幌パークホテルで開きました。代議員をはじめ、来賓、国会議員、道議会議員などが多数詰めかけ、4月に迫った統一地方選挙の必勝を誓いました。
はじめに、伊東良孝道連会長が「4月12日に、知事選をはじめとする統一地方選の投票日を迎える。まさに、これからの北海道を、どうやって政権政党・自民党と一緒につくっていくかが問われる選挙。アベノミクスによる経済成長の中で株価も1万8000を突破し、雇用も改善するなど、この2年間で全体的な景気の底上げが大きく進んだ。われわれが一丸となって景気回復、雇用拡大、観光振興などに取り組むことにより、北海道のポテンシャルも一段とあがる。統一地方選の完勝に向かって、皆さんの地元の議員を勝利に導いていただきたい」と呼びかけました。
150228_2続いて、党本部を代表をして伊達忠一参議院幹事長が「安倍政権の真の安定は、地方選挙での勝利によってもたらされる。皆さんとスクラムを組んで、知事選をはじめとする各級選挙に勝利し、景気回復や地方創生の加速、道新幹線の早期開業、冬季オリンピック・パラリンピックの誘致などの公約実現に向けて頑張っていかなければならない」とあいさつしました。
その後、内海英徳議員会筆頭副会長による進行により議事に移り、伊東会長が北海道知事選挙と札幌市長選挙の推薦候補予定者に、高橋はるみ知事、本間なな自治大学校研究部長を決定したことを報告し、さらに、柿木克弘幹事長が北海道議会議員選挙、札幌市議会議員選挙の候補予定者に、それぞれ54人(すべて公認)、28人(公認26人、推薦2人)が決定したことを報告し、全会一致で承認されました。
続いて、来賓の高向巖道商工会議所連合会会頭、稲津久公明党北海道本部代表によるあいさつと、飛田稔章道農協政治連盟代表からのメッセージの代読がありました。

150228_3150228_4

 

その後、高橋知事、本間氏、道議・札幌市議候補予定者全員が登壇し、議員会筆頭副幹事長を務める冨原亮道議の発声によるガンバローコールで、熱気にあふれた大会を締めくくりました。

 

 

 

 

 

Posted in 未分類.